【】Top

【】VB.NET
【】VB6.0

【】メールマガジンの購読
【】メールマガジンの解除






【】会社概要

【】お問い合わせ


姉妹サイト「バーチャルコネクション!」はこちらです。

姉妹サイト「七福神のメールでビンゴ!」はこちらです。

アイネットマコト

●24時間365日の安心をあなたにAT-LINK専用サーバ・サービスお勧めのサーバです。






ACCESSのMDBを作成する

VB6.0 でも、
ACCESSのMDBを作成することが可能です。

この機能を使えば、簡単に、
ACCESSの機能を使ったデータベースを取り扱うアプリケーション
など簡単に作成できます。


フォームに次の様なコードを記述します


-----------VB6.0コーディングここから-------------------


1.フォームに、
    ラベルコントロール、
    テキストボックスコントロール、
    コマンドボタンコントロール
    を配置します。
    下記は、デフォルトのオブジェクトの名前と配置を示しています。

   ┏━━━━━━━━━━━┓
   ┃Label1                ┃
   ┗━━━━━━━━━━━┛
   ┏━━━━━━━━━━━┓
   ┃Text1                 ┃
   ┗━━━━━━━━━━━┛

   ┏━━━━━━━━━━━┓
   ┃Label2                ┃
   ┗━━━━━━━━━━━┛
   ┏━━━━━━━━━━━┓
   ┃Text2                 ┃
   ┗━━━━━━━━━━━┛
   ┏━━━━━━━┓
   ┃Command1      ┃
   ┗━━━━━━━┛



2.コマンドボタンコントロールの
    Command1 Caption プロパティに「MDB作成」と記述します。

    Label1 Caption プロパティに「作成先ディレクトリ」と記述します。
    Label2 Caption プロパティに「作成先ファイル名」と記述します。
  ※説明用のためです。必須ではありません。

   ┏━━━━━━━━━━━┓
   ┃作成先ディレクトリ    ┃
   ┗━━━━━━━━━━━┛
   ┏━━━━━━━━━━━┓
   ┃Text1                 ┃
   ┗━━━━━━━━━━━┛

   ┏━━━━━━━━━━━┓
   ┃作成先ファイル名      ┃
   ┗━━━━━━━━━━━┛
   ┏━━━━━━━━━━━┓
   ┃Text2                 ┃
   ┗━━━━━━━━━━━┛
   ┏━━━━━━━┓
   ┃MDB作成       ┃
   ┗━━━━━━━┛


3.メニュー「プロジェクト」から「参照設定」を選択して
  Microsoft DAO 3.6 Object Liblary を選びチェックをつけて、
    「OK」ボタンを押します。
    ※3.5 などでも可

4.フォームルを右クリックして、
    コードの編集を開始して、
  次のコードを記述します。


    Dim MjobjDataBase As Object
    Dim MjstrPath As String


    'ワークスペースを作成します
    Function MDB_CRTWRKSPC() As Object

    Dim objWrkSpc   As Object
    Dim strUserName As String   'ユーザー名

    Set MDB_CRTWRKSPC = Nothing

        strUserName = DBEngine.Workspaces(0).UserName
    '    strUserName = DBEngine.DefaultPassword

        Set objWrkSpc = DBEngine.CreateWorkspace("ADMIN", _
        strUserName, "")

    Set MDB_CRTWRKSPC = objWrkSpc

    End Function




    'ワークスペースと作成先パス(ディレクトリとファイル名)を指定
    Function MDB_CRTDATABASE(PiobjWrkSpc As Object, _
    PistrMakPath As String) As Object


    Dim objDataBase As Object   'データベース

    Set MDB_CRTDATABASE = Nothing

        Set objDataBase = PiobjWrkSpc.CreateDatabase( _
        PistrMakPath, dbLangJapanese)

    Set MDB_CRTDATABASE = objDataBase

    End Function

    Private Sub Command1_Click()

        Dim strMdbpath As String
        strMdbpath = Text1.Text + "\" + Text2.Text


        If IsNull(Text1.Text) Then
            MsgBox ("MDB作成ディレクトリを入力してください")
            Exit Sub
        End If
        If IsNull(Text2.Text) Then
            MsgBox ("MDB作成ファイル名を入力してください")
            Exit Sub
        End If
        If Dir(strMdbpath) <> "" Or _
        Dir(strMdbpath + ".mdb") <> "" Then
            MsgBox ("すでに存在しています")
            Exit Sub
        End If

        '作成
        Set MjobjDataBase = MDB_CRTDATABASE( _
        MDB_CRTWRKSPC, strMdbpath)

        If IsNull(MjobjDataBase) Then
            MsgBox ("作成に失敗!")
        Else
            MsgBox ("作成しました")
        End If
    End Sub

    Private Sub Form_Load()

        'アプリケーションディレクトリを取得する
        MjstrPath = App.Path
        Text1.Text = MjstrPath
        Text2.Text = "sample"

    End Sub



5.実行メニュー「開始」を選択して実行します。

6.フォームに表示された
    コマンドボタン「MDB作成」を押します。

7.作成先ディレクトリと作成先ファイルに指定された
    mdb 形式のファイルが作成されます。


-----------VB6.0コーディングここまで-------------------

mdb 形式のファイルを作成するためには、
データアクセスオブジェクト( DAO )を利用できる状態
であることを確認し、ワークスペースを作成後、
mdb作成することができます。

本サンプルでは、App.Path で実行パスを取得して、
sample.mdb をデフォルトで指定しています。

この部分を変更することで、
希望する作成先のディレクトリパスへ簡単にmdb作成が可能です。



 

http://anetm.com/dev/d.cgi?SC=DTDTL&o=Oem

Copyright(c)2001-2006 Ai Net Makoto 記事・情報の無断転載を禁止します。

「これがほしかった!厳選サンプルツール集」の注意点
●当サイトはリンクフリーです。
2019/05/20(月)00:05 更新